痩せたい女性にもアミノ酸が有効

ダイエットにアミノ酸が良い理由

無理なく健康的に痩せたいならアミノ酸がおすすめです。ダイエット中はどうしても食べるものが少なくなる一方で、運動量は多くなります。

その結果、体内のアミノ酸が不足しやすくなるのです。アミノ酸は体のあらゆる組織を作る必要な栄養素で、不足すると筋肉が落ちてしまい基礎代謝の低下になってしまいます。その結果、ダイエットをしてもなかなか痩せない体になってしまうのです。

基礎代謝とアミノ酸の関係

基礎代謝は年齢とともに少しずつ低下をして行きますが、筋肉を付けることで低下を抑えることが可能です。同じ身長と体重であっても基礎代謝が高い人と低い人では同じ食事をしても脂肪として吸収される割合も異なりますし、運動をしても消費されるカロリーも異なります。

ですから効率良くやせるためには、基礎代謝を高める必要があります。基礎代謝が高まれば脂肪も燃焼しやすく体重が減りやすくなります。基礎代謝を高めるには筋肉を付ける必要がありますが、その時に必要となるのがアミノ酸です。

なかでもBACCと言われるバリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸は、筋肉を作るのにとても重要な役割をしているためダイエット中には積極的に摂る必要があります。

アミノ酸で疲れにくい体になる

また健康的に痩せるには毎日の運動も欠かせません。

脂肪を燃焼させる有酸素運動を1日20分以上おこなうと効率良く痩せると言いますが、このときにアミノ酸を摂取してから運動をすると脂肪の燃焼率も高くなります。このほかアミノ酸には、スタミナを維持する作用もあるので運動をしても疲れを感じにくくなります。

筋肉痛などを素早く回復させる作用もあるため、ダイエット目的でないスポーツ時にも積極的に摂ることをおすすめします。アミノ酸は普段の食事からでも摂取ができますが、食事で必要なアミノ酸量を補うとなるとカロリーオーバーになりがちです。ダイエットを目的としたアミノ酸補給でしたらサプリメントでの摂取をおすすめします。

人間にとってのアミノ酸とは

体にとって重要なアミノ酸

私たち人間の体は約2割がタンパク質で構成されており、このたんぱく質のもととなっているのがアミノ酸です。体のタンパク質の種類は約10万種類もあり、これらが筋肉・内臓・骨・肌・髪のほかに赤血球や白血球、ホルモンなどを作りだしているのでアミノ酸は体にとって必要不可欠です。

地球上に存在してるはアミノ酸の数は約500種類あり、人間の体にはこのうち20種類のアミノ酸が必要です。体に必要な20種類のアミノ酸のうち11種類は体内で合成をされますが、残りの9種類は食事を通して摂取をしないと合成されません。そしてこの9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。

必須アミノ酸には、イソロイシン・スレオニン・トリプトファン・バリン・ヒスチジン・フェニルアラニン・メチオニン・リジン・ロイシンがあります。

アミノ酸大百科

アミノ酸の役割

必須アミノは体のさまざまな部分で働いています。たとえばイソロイシンとバリン、ロイシンはアスリートに好まれるアミノ酸でタンパク質を合成して強い筋肉を作るために必要です。

この3種類をまとめてBCAAと呼びダイエットやスポーツをするときなどに服用するサプリメントなどに多く含まれています。またトリプトファンは精神を安定させる脳内ホルモンのセロトニンを合成するために必要なアミノ酸です。

これが不足することで、セロトニンの分泌がされなくなり、うつ病や不眠症などの精神疾患を引き起こしてしまいます。

アミノ酸の1日の必要量

アミノ酸の1日の摂取量は年齢や普段の生活スタイルによっても異なりますが、WHOが掲げている成人の体重1kgあたりの摂取量は以下のようになります。

イソロイシン20mg
スレオニン15mg
トリプトファン4mg
バリン26mg
ヒスチジン10mg
フェニルアラニン25mg
メチオニン15mg
リジン30mg
ロイシン39mg

アミノ酸は肉や魚、大豆製品など日常的に食べる多くの食品に含まれているので、毎日の食事でも積極的に食べることを心がけますが、現代の食生活では1日に必要なアミノ酸量を食事で補うのは難しいと言われています。

そこで最近では、サプリメントなどで積極的にアミノ酸を摂取される方が増えているのです。

アミノ酸は成長期に身長を伸ばす

成長期に身長を伸ばすためには、カルシウムではなくアミノ酸が大切です。カルシウムももちろん重要な栄養素なのですが、カルシウムは骨を固く強くするための栄養素です。

一方アミノ酸(タンパク質)は、骨や皮膚などの細胞を増やすために重要な栄養素です。特に成長期の子どもはタンパク質をあらゆることに使うので、アミノ酸が不足しないようにすることが大切です。

もし、毎日の栄養としてアミノ酸が不足しているかな?と感じたら、サプリメントでアミノ酸を補うことも可能です。その場合は、アミノ酸だけでなくビタミンやミネラル、カルシウムなどを総合的に摂取できるものが理想です。

以下のサイトでは、身長を伸ばすためにアミノ酸を中心としたバランスの良いサプリメントについて一覧にしているので見やすいです。

身長を伸ばすサプリ比較.com

身長を伸ばすためには、タンパク質を中心としたカルシウム、ミネラル、ビタミンといったバランスの良い食事が大切。成長期の子どもには不足するような栄養素もサプリメントなら欠かさず摂ることも可能です。
http://身長を伸ばすサプリ比較.com/

アミノ酸と美肌の関係

肌トラブルとアミノ酸

肌のトラブルにはアミノ酸が深くかかわっています。

アミノ酸は私たちの体の中でさまざまな働きをしていますが、肌に関して言えば角質層の天然保湿因子を作る働きをしています。天然保湿因子とは、角質層に存在する天然のうるおい成分です。

これがしっかりと作られていると肌のバリア機能が保たれ、肌は丈夫になるのです。つまり乾燥や肌荒れなどのトラブルも皆無になります。

ところが、アミノ酸が不足することで天然保湿因子が作られなくなると、バリア機能は低下、乾燥や肌荒れのほかに敏感肌などを引き起こしてしまいます。天然保湿因子を構成しているアミノ酸はセリン・アラニン・グリシンなどがあり、これらを積極的に摂ることが肌のバリア機能を高めることにつながります。

コラーゲンはアミノ酸によって作られる

また、肌のハリや弾力にとって大切なコラーゲンにもアミノ酸は欠かせない存在です。コラーゲンの合成は、グリシンなどのアミノ酸とビタミンCが必要となります。

このためコラーゲンを増やしたい場合にはアミノ酸とビタミンCを積極的に摂ることが必要です。最近、コラーゲンのサプリメントなどをよく見かけますが、実際にはコラーゲン自体を体に吸収させたところでコラーゲンの直接の増加にはつながりません。

肌の内側からコラーゲンを増やして弾力のある肌にするには、アミノ酸の摂取が一番の近道になります。

必須アミノ酸の摂取について

このように、アミノ酸は体の健康だけでなく美容にとっても大切な栄養素になります。

体には20種類のアミノ酸が必要ですが、そのうちの9種類は必須アミノ酸と呼ばれ体内で自然に合成はされません。このため食事からアミノ酸を補う必要があるのです。

アミノ酸は赤みの肉や魚、乳製品や卵などに豊富に含まれるのでこういった食品を食事でバランスよく取り入れることが美肌を作る秘訣と言えます。しかし毎日の食事だけではなかなかアミノ酸をバランスよく補えないため最近ではサプリメントなどを服用している方が多くいます。

アミノ酸で血液サラサラ

アミノ酸には血小板の過剰な凝固作用を抑える働きがあるため、血液サラサラにも効果が高いといわれています。さらに、白血球の働きをスムーズにするため、相乗効果で血流がよくなるのです。特に、アミノ酸の一つ「アルギニン」は血管を広げて血液を通りやすくするので血液サラサラにはいい成分です。

ただ、血液サラサラを実現するにはEPAが一番効果が高いです。もし血液サラサラをスグに実現したいというならDHA・EPAのサプリメントを摂取するのが近道です。

参考:血液サラサラのサプリランキング