人間にとってのアミノ酸とは

体にとって重要なアミノ酸

私たち人間の体は約2割がタンパク質で構成されており、このたんぱく質のもととなっているのがアミノ酸です。体のタンパク質の種類は約10万種類もあり、これらが筋肉・内臓・骨・肌・髪のほかに赤血球や白血球、ホルモンなどを作りだしているのでアミノ酸は体にとって必要不可欠です。

地球上に存在してるはアミノ酸の数は約500種類あり、人間の体にはこのうち20種類のアミノ酸が必要です。体に必要な20種類のアミノ酸のうち11種類は体内で合成をされますが、残りの9種類は食事を通して摂取をしないと合成されません。そしてこの9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。

必須アミノ酸には、イソロイシン・スレオニン・トリプトファン・バリン・ヒスチジン・フェニルアラニン・メチオニン・リジン・ロイシンがあります。

アミノ酸大百科

アミノ酸の役割

必須アミノは体のさまざまな部分で働いています。たとえばイソロイシンとバリン、ロイシンはアスリートに好まれるアミノ酸でタンパク質を合成して強い筋肉を作るために必要です。

この3種類をまとめてBCAAと呼びダイエットやスポーツをするときなどに服用するサプリメントなどに多く含まれています。またトリプトファンは精神を安定させる脳内ホルモンのセロトニンを合成するために必要なアミノ酸です。

これが不足することで、セロトニンの分泌がされなくなり、うつ病や不眠症などの精神疾患を引き起こしてしまいます。

アミノ酸の1日の必要量

アミノ酸の1日の摂取量は年齢や普段の生活スタイルによっても異なりますが、WHOが掲げている成人の体重1kgあたりの摂取量は以下のようになります。

イソロイシン20mg
スレオニン15mg
トリプトファン4mg
バリン26mg
ヒスチジン10mg
フェニルアラニン25mg
メチオニン15mg
リジン30mg
ロイシン39mg

アミノ酸は肉や魚、大豆製品など日常的に食べる多くの食品に含まれているので、毎日の食事でも積極的に食べることを心がけますが、現代の食生活では1日に必要なアミノ酸量を食事で補うのは難しいと言われています。

そこで最近では、サプリメントなどで積極的にアミノ酸を摂取される方が増えているのです。

アミノ酸は成長期に身長を伸ばす

成長期に身長を伸ばすためには、カルシウムではなくアミノ酸が大切です。カルシウムももちろん重要な栄養素なのですが、カルシウムは骨を固く強くするための栄養素です。

一方アミノ酸(タンパク質)は、骨や皮膚などの細胞を増やすために重要な栄養素です。特に成長期の子どもはタンパク質をあらゆることに使うので、アミノ酸が不足しないようにすることが大切です。

もし、毎日の栄養としてアミノ酸が不足しているかな?と感じたら、サプリメントでアミノ酸を補うことも可能です。その場合は、アミノ酸だけでなくビタミンやミネラル、カルシウムなどを総合的に摂取できるものが理想です。

以下のサイトでは、身長を伸ばすためにアミノ酸を中心としたバランスの良いサプリメントについて一覧にしているので見やすいです。

身長を伸ばすサプリ比較.com

身長を伸ばすためには、タンパク質を中心としたカルシウム、ミネラル、ビタミンといったバランスの良い食事が大切。成長期の子どもには不足するような栄養素もサプリメントなら欠かさず摂ることも可能です。
http://身長を伸ばすサプリ比較.com/