アミノ酸と美肌の関係

肌トラブルとアミノ酸

肌のトラブルにはアミノ酸が深くかかわっています。

アミノ酸は私たちの体の中でさまざまな働きをしていますが、肌に関して言えば角質層の天然保湿因子を作る働きをしています。天然保湿因子とは、角質層に存在する天然のうるおい成分です。

これがしっかりと作られていると肌のバリア機能が保たれ、肌は丈夫になるのです。つまり乾燥や肌荒れなどのトラブルも皆無になります。

ところが、アミノ酸が不足することで天然保湿因子が作られなくなると、バリア機能は低下、乾燥や肌荒れのほかに敏感肌などを引き起こしてしまいます。天然保湿因子を構成しているアミノ酸はセリン・アラニン・グリシンなどがあり、これらを積極的に摂ることが肌のバリア機能を高めることにつながります。

コラーゲンはアミノ酸によって作られる

また、肌のハリや弾力にとって大切なコラーゲンにもアミノ酸は欠かせない存在です。コラーゲンの合成は、グリシンなどのアミノ酸とビタミンCが必要となります。

このためコラーゲンを増やしたい場合にはアミノ酸とビタミンCを積極的に摂ることが必要です。最近、コラーゲンのサプリメントなどをよく見かけますが、実際にはコラーゲン自体を体に吸収させたところでコラーゲンの直接の増加にはつながりません。

肌の内側からコラーゲンを増やして弾力のある肌にするには、アミノ酸の摂取が一番の近道になります。

必須アミノ酸の摂取について

このように、アミノ酸は体の健康だけでなく美容にとっても大切な栄養素になります。

体には20種類のアミノ酸が必要ですが、そのうちの9種類は必須アミノ酸と呼ばれ体内で自然に合成はされません。このため食事からアミノ酸を補う必要があるのです。

アミノ酸は赤みの肉や魚、乳製品や卵などに豊富に含まれるのでこういった食品を食事でバランスよく取り入れることが美肌を作る秘訣と言えます。しかし毎日の食事だけではなかなかアミノ酸をバランスよく補えないため最近ではサプリメントなどを服用している方が多くいます。

アミノ酸で血液サラサラ

アミノ酸には血小板の過剰な凝固作用を抑える働きがあるため、血液サラサラにも効果が高いといわれています。さらに、白血球の働きをスムーズにするため、相乗効果で血流がよくなるのです。特に、アミノ酸の一つ「アルギニン」は血管を広げて血液を通りやすくするので血液サラサラにはいい成分です。

ただ、血液サラサラを実現するにはEPAが一番効果が高いです。もし血液サラサラをスグに実現したいというならDHA・EPAのサプリメントを摂取するのが近道です。

参考:血液サラサラのサプリランキング